更級日記歌集51 わけてとふ

わけてとふ心のほどの見ゆるかな 木陰をぐらき夏の茂りを  尼 更級日記歌集 51 Kad192 2018-0721-ssn51 □更級51  わけてとふ こころのほどの みゆるかな       こかげをぐらき なつのしげりを 大観-わけてとふ心のほどの見ゆるかな こかげをぐらき夏のしげりを  1267 岩波-わけてとふ心のほどの見ゆるかな 木陰をぐらき夏のしげりを  …

続きを読む

更級日記歌集50 涙さへ

涙さへふりはへつつぞ思ひやる 嵐吹くらむ冬の山里  菅原孝標女 更級日記歌集 50 Kad192 2018-0711-ssn50 □更級50  なみださへ ふりはへつつぞ おもひやる       あらしふくらむ ふゆのやまざと 大観-なみださへふりはへつつぞ思ひやる あらしふくらむ冬の山ざと  1267 岩波-涙さへふりはへつつぞ思やる 嵐ふくらむ冬の山里  404 …

続きを読む

更級日記歌集49 子しのびを

子しのびを聞くにつけてもとどめ置きし 秩父の山のつらきあづま路  菅原孝標女 更級日記歌集 49 Kad184 2018-0701-ssn49 □更級49  こしのびを きくにつけても とどめおきし         ちちぶのやまの つらきあづまぢ 大観-こしのびをきくにつけてもとどめおきし ちちぶの山のつらきあづまぢ  1267 岩波-子しのびをきくにつけてもとどめお…

続きを読む