更級日記歌集15 にほひくる

にほひくる隣の風を身にしめて ありし軒端の梅ぞ恋しき   菅原孝標女 更級日記歌集 15 Kad143 2017-0721-ssn15 □更級15 にほひくる となりのかぜを みにしめて      ありしのきばの むめぞこひしき 大観-にほひくるとなりの風を身にしめて ありしのきばのむめぞこひしき 1266 岩波-にほひくるとなりの風を身にしめて ありしのきばの梅ぞこ…

続きを読む

更級日記歌集14 荻の葉の

荻の葉の答ふるまでも吹き寄らで ただに過ぎぬる笛の音ぞ憂き  姉 更級日記歌集 14 Kad139 2017-0711-ssn14 □更級14 をぎのはの こたふるまでも ふきよらで      ただにすぎぬる ふえのねぞうき 大観-荻の葉の答ふるまでも吹き寄らで ただに過ぎぬる笛の音ぞ憂き 1266 岩波-荻の葉のこたふるまでもふきよらで ただにすぎぬる笛のねぞうき …

続きを読む

更級日記歌集13 笛の音の

笛の音のただ秋風と聞こゆるに など荻の葉のそよと答へぬ  菅原孝標女 更級日記歌集 13 Kad139 2017-0701-ssn13 □更級13 ふえのねの ただあきかぜと きこゆるに      などをぎのはの そよとこたへぬ 大観-ふえのねのただ秋風ときこゆるに などをぎのはのそよとこたへぬ 1266 岩波-笛のねのただ秋風と聞こゆるに など荻の葉のそよとこたへぬ…

続きを読む