更級日記歌集36 まだ人め

まだ人め知らぬ山辺の松風も 音して帰るものとこそ聞け  菅原孝標女 更級日記歌集 36 Kad164 2018-0221-ssn36 □更級36  まだひとめ しらぬやまべの まつかぜも       おとしてかへる ものとこそきけ 大観-まだひとめしらぬ山辺の松風も おとしてかへるものとこそきけ  1267 岩波-まだ人目しらぬ山辺の松風も おとしてかへるものとこそき…

続きを読む

更級日記歌集35 秋の夜の

秋の夜の妻恋ひかぬる鹿の音は 遠山にこそ聞くべかりけれ  菅原孝標女 更級日記歌集 35 Kad164 2018-0211-ssn35 □更級35  あきのよの つまこひかぬる しかのねは       とほやまにこそ きくべかりけれ 大観-秋の夜のつまこひかぬるしかのねは とほ山にこそきくべかりけれ  1267 岩波-秋の夜のつまこひかぬる鹿のねは とほ山にこそきくべ…

続きを読む

更級日記歌集34 深き夜に

深き夜に月見るをりは知らねども まづ山里ぞ思ひやらるる  菅原孝標女 更級日記歌集 34 Kad160 2018-0201-ssn34 □更級34  ふかきよに つきみるをりは しらねども       まづやまざとぞ おもひやらるる 大観-ふかき夜に月見るをりはしらねども まづ山ざとぞ思ひやらるる  1267 岩波-ふかき夜に月見るをりはしらねども まづ山里ぞ思やらる…

続きを読む